• FOR THE SUSTAINABLE INFRASTRUCTURES
  • 持続可能なインフラ整備に向かって

インフラ先端技術産学共同講座についてABOUT ITIL

破壊的異能 [INNO]vationにより次世代インフラシステムの構築へ
融合 fusion, 結合 combination, 連携 tie-up/ cooperationそして,協業 collaboration

 平成26(2014)年4月に可視化できない土木構造物内部の劣化を調査診断できる先端技術を研究開発する場として共通の問題を有する西日本高速道路、阪神高速道路および、両者のエンジニアリング会社が中心となり、当時社会基盤工学専攻宮川豊章教授を本学の代表者、白土博通教授(故人)、塩谷智基特定教授を運営委員として「インフラ先端技術共同研究講座」が設立された。
 本講座は同時に、国家プロジェクト「SIP、戦略的イノベーションプログラム(内閣府)」、「RIMS、道路インフラモニタリングシステム、NEDO」、「大規模インフラ向け高性能振動発電開発、NEDO」、「COI センターオブイノベーションプログラム、JST」に参画する機会も得て、3期6年間にわたる2019年度まで道路インフラを中心に革新的な検査・診断手法を中心に多くの実績を上げてきた。また、これらの特異技術は、民間道路会社維持管理フローへの導入検討がなされているほか、京都府、富山市などの自治体とも技術連携し、自治体管理構造物への活用も試みられている。さらに、ドナー側の合意を得て、国内外の研究機関を含め、電機メーカー、建設会社、建設コンサルタント、計測会社をはじめ他大学との連携研究も積極的に実施してきた。また、同じ課題に挑む海外研究機関との研究交流も精力的に図り、これまでブリュッセル自由大学、エジンバラ大学、スイス連邦工科大チューリッヒ校、リュブリャナ大学(スロベニア)、香港理工大学、マラヤ大学、トリアッティ大学(ロシア)、深圳大学などから研究員を受け入れ共同研究を実施してきた。
 2020年度には、本講座が中心となり、本学工学研究科で初めての公式コンソーシアム「インフラ先端技術コンソーシアム」が設立された.コンソーシアムは、革新的な検査・診断技術を確実に実装し、点検・診断・措置・記録の維持管理サイクルに導入するための、蓄電、電送技術など土木分野以外の課題に対応できる分野横断型の組織で、本講座は、西日本高速道に加えて新たな共同研究機関、鷺宮製作所、東海技術センター、藤村クレスト、CORE技術研究所、IPH工法協会、東芝をパートナーとし、様々な課題の研究開発を担っている.現在、 先のCOIに加え、A-STEP(各JST)の社会実装プログラムにも採択され、成果の早期社会実装、さらにこれまでの成果の国内標準、国際標準にも鋭意取り組んでいる。

ニュース&トピックスNEWS & TOPICS

  • ニュース
  • 受賞

麻植特定准教授が共著論文にて「SGEPSS論文賞」を受賞

地球電磁気・地球惑星圏学会より、麻植特定准教授の共著論文に「SGEPSS Outstanding Paper Award (SGEPSS論文賞)」が2022年11月6日付けで授与されました。

本受賞論文は以下の通りです。

Koki Aizawa, Shinichi Takakura, Hisafumi Asaue, Katsuaki Koike, Ryokei Yoshimura, Ken’ichi Yamazaki, Shintaro Komatsu, Mitsuru Utsugi, Hiroyuki Inoue, Kaori Tsukamoto, Makoto Uyeshima, Takao Koyama, Wataru Kanda, Tohru Yoshinaga, Nobuo Matsushima, Kazunari Uchida, Yuko Tsukashima, Takeshi Matsushima, Hiroshi Ichihara, Dan Muramatsu, Yoshiko Teguri, Azusa Shito, Satoshi Matsumoto and Hiroshi Shimizu, “Electrical conductive fluid-rich zones and their influence on the earthquake initiation, growth, and arrest processes: observations from the 2016 Kumamoto earthquake sequence, Kyushu Island, Japan” Earth, Planets and Space, 73, 12, 2021 DOI: 10.1186/s40623-020-01340-w

  • ニュース

塩谷特定教授がベルギー王国および国内にて招待講演ほか

2022年12月 塩谷特定教授がブリュッセル(ベルギー王国)および国内にて招待講演4件、記念講演1件および特別講義1件を行いました。

詳細は以下の通りです。

12月7日(※現地日) ベルギー王国にあるブリュッセル自由大学(VUB)の材料構造力学学科において、「Overall performance interpretation with elastic wave velocity and its application to BiM/ CIM model of dam spill way」と題して招待講演を行いました。

また、12月9日(※現地日) 同大学の大学院において、「Strategic apporach of NDT for ageing infrastructure and a successful case study to clarify drying shriinkage mechanism with NDT」と題して特別講義も行いました。


12月9日 国立研究開発法人産業技術総合研究所のサステナブルインフラ研究ラボ 主催による第2回目の公開セミナーにおいて、「インフラDXに資する調査診断技術とAISTへの期待」と題して招待講演を行いました。


12月14日 国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の NIMS-インフラ構造材料パートナーシップ 主催による「2022年度第3回研究会」において、「インフラDXに資する非破壊評価技術」と題して招待講演を行いました。


12月15日 一般社団法人日本計量機器工業連合会 主催による研究会において「インフラの現状・課題と計測評価ソリューション」と題して招待講演を行いました。

12月20日 京都大学インフラ先端技術コンソーシアム(CITI)主催の「第14回全体会議 拡大全体会議」において、副代表として「インフラDXに向けての劣化/損傷の一般化」と題して記念講演を行いました。




★ブリュッセル自由大学材料構造力学学科での講演の様子★

★ブリュッセル自由大学材料構造力学学科 大学院での講義の様子★

★日本計量機器工業連合会での講演の様子★
  • ニュース

「第36回コンクリート構造の設計・施工・維持管理の基本に関する研修会」で塩谷特定教授が講師として登壇

2022年11月30日にて、御堂会館(大阪)で開催された公益社団法人土木学会関西支部主催の「第36回コンクリート構造の設計・施工・維持管理の基本に関する研修会」における「点検・調査の方法」で塩谷特定教授が講師として登壇しました。

  • ニュース

岐阜大学大学院工学研究科にて塩谷特定教授が特別講義

2022年11月17日にて岐阜大学大学院工学研究科において、塩谷特定教授が「インフラDXに向けてのエッセンシャルズ -リスク/環境/健全性 評価-」と題して特別講義を行いました。

  • ニュース
  • 受賞

IAES26国際会議にてPaper Awardを受賞

2022年10月31日~11月2日にて、川崎市産業振興会館で開催された国際会議 26th International Acoustic Emission Symposium (IAES26) において、塩谷特定教授と渡部特任助教(京都大学学際融合教育研究推進センター)共著の論文「A Self-powered Wireless Acoustic Emission Monitoring System: A 3-Year Experiment with a Reinforced Concrete Highway Bridge」(Takashi Usui, Yuki Ueda, Hidefumi Takamine, Kazuo Watabe , Tomoki Shiotani)がPaper Awardを受賞しました。